キャッシングの審査について

キャッシングの審査では、
属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などのことを見定めます。

 

こうした基本的な情報を見定めて、返済する能力が存在するのかを判定するのです。
申し立てした情報に偽りがあると、審査から外されてしまいます。

 

既に高額なお金を借りていたり、事故を起こした情報があると、
融資するための審査から外される可能性が高いです。

 

貸金業法の改正により1社から50万以上、
もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は、
年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、
逆説的にとらえればそれより小さければ年収額を
証明する必要がないという解釈もできます。

 

ただし、それより小さい額でも年収証明できるほうが好ましいでしょう。